八丈島文化協会 2018年度の活動計画

1.協会事務事業 
〈1〉八丈島の文化に関する各種問い合わせ対応業務

  近年、八丈島の文化に関する文化協会への島外からの問い合わせが増加しています。昨年は、他地域の行政機関からの問い合わせなど、島外からの計9件について対応しました。そのうち2件は、コーディネート業務に発展しました。平成30年度も引き続き、以下の通り、各種問い合わせに対応していきます。

  

  1.富士見地区公会堂管理事務所での電話・来所受付対応

  2.協会問い合わせ専用携帯電話での対応

   3.協会問い合わせメールでの対応

  

〈2〉八丈島の文化振興に関わるコーディネート業務

  近年、八丈町多目的ホール「おじゃれ」を活用した島外団体のステージイベントが増えています。島外団体が八丈島で行事を開催する際の窓口として文化協会が問い合わせを受け、その後、後援として支援にあたるケースや、ステージイベント以外についても、単純な問い合わせ対応や情報提供の範囲を越えた対応が必要なケースが出てきています。平成30年度についても引き続き、後援事業として計画しているもの以外について、依頼、要望のあったものについては、役員会が中心となり、コーディネート業務を行っていきます。

 

〈3〉八丈島の文化振興のための業務

  文化活動を行う島内団体や島民からの文化振興や島内施設に関する各種要望をとりまとめ、八丈町をはじめとする関係機関への提言や協議を行っていきます。

 

〈4〉後援事業

  島内外の団体からの申請を受け、文化的催しなどへの後援を以下の通り行います。

  

<対象>  八丈島で行われる文化的催し

<方法>  申請のあった行事について、趣旨や内容を検討の上、後援を決定。

<後援の種類>

名義の使用、広報支援(協会サイトへの掲載等)、運営支援理事会で協議の上実施、原則として会員のみ。ただし、島外団体には配慮する) 

 

平成30年度の後援予定

<会員(加盟団体)>

①ピティナピアノステップ (ピティナ八丈島Anettaiステーション主催)

平成30年9月17日 八丈町多目的ホール「おじゃれ」

  ※4月実施予定が悪天候のため開催できず、9月に延期

②いけばな小原流八丈支部花展(一般社団法人小原流八丈支部主催)

  平成3069日、10日 町民ギャラリー

③加茂川会 20周年記念公演 (加茂川会主催)

平成3010月13日 八高視聴覚ホール

 

④東京文化財ウイーク2018公開事業 太鼓・うた・踊り(八丈島民謡保存会主催)

  平成30年10月28日 大賀郷公民館予定

⑤八丈ウインドオーケストラクリスマスコンサート

(ウインドオーケストラ主催) 

  平成3012月 八丈町多目的ホール「おじゃれ」予定

⑥八丈島歴史セミナー(「八丈実記」を読む会主催)

平成311月~3月 島内会場

 

<島外団体等>

①東京の音プロジェクト テリエ・イースングセット演奏会 

日精ピーアール主催) 

平成30511日 空間舎

  ②八丈島・北大東島の子供達による太鼓交流演奏会(大東太鼓北曙会主催)

平成30年7月24日 八丈町多目的ホール「おじゃれ」

  ③東京アイランドモーターショー(東京都主催)

     平成30825日、26日 八丈町多目的ホール「おじゃれ」及び広場

  ④ちょんこめ第九コンサート(同実行委員会主催)

     平成30129日 八丈町多目的ホール「おじゃれ」

 

〈5〉情報発信業務

  八丈島文化協会のホームページを通して、下記の形で、イベント情報を中心に、島内外にむけて情報を発信していきます。

  ①八丈島イベントカレンダー(インターネット)運営

   八丈島で開催される主要イベントの情報を集約し、協会ホームページ上に掲載。最新情報を日々更新し、SNS(ツイッター)と連動し、広く島内外に周知していきます。

  ②八丈島文化協会ホームページ運営

   協会加盟団体の情報を中心に、協会ブログと連動しながら、発信していきます。

 

〈6〉八丈島イベントカレンダー2018発行事業

八丈島社会福祉協議会、八丈町と共同で、八丈島の主要イベントをまとめた「八丈島イベントカレンダー」の印刷物を発行します。今年度は、4月と10月に、「広報はちじょう」折り込みの社協報「しゃきょう」とともに配布を行います。

 

〈7〉会員交流及び活動支援事業 

  会員同士の相互交流をはかり、八丈島の文化振興に寄与します。また、会員(加盟団体、個人会員、賛助会員)を対象に、交流会や情報提供、相談業務を実施します。

  ①会員交流会実施

②協会報発行(年56回)FAX・メール通信発行(年12回)

FAX・メール通信発行(年12回)

④会員むけ有料サービス(コピー、ラミネート、印刷)

 ※富士見地区公会堂管理事務所開所時対応

⑤活動に関わるコーディネート、アドバイス、各種助成情報提供業務

 

〈8〉指定管理事業、受託事業等

 八丈町より委託を受け、前年に引き続き、富士見地区公会堂指定管理事業を行い

 ます。また、行政機関等から委託事業の依頼があった場合、内容を役員会で検討

 し、理事会で承認の上、受託します。

  

.協会主催事業

八丈町より交付される補助金を活用して、以下の事業を行います。

 

〈1〉八丈小島体験事業

 ①事業の目的と効果

  かつて2つの村が存在し、昭和44年に集団移住により無人島になった八丈小島の歴史は次世代に伝えていくべきものだが、現在、八丈の子どもたちが、小島について机上の知識として学ぶ機会はあっても、実際に渡島して小島の風土や歴史を肌で感じる機会はほとんどなく、八丈町の一部である八丈小島に上陸したことがないまま成人する子も多い。

自然っ子クラブでは、平成12年からほぼ毎年八丈小島上陸体験を実施し、これまで延べ千人以上が参加しているが、近年、燃料費の高騰等のため多額の渡船費用が必要となってきており、これをまかなうための参加費も高額となり、そのことがネックとなり参加できない児童も多いと推察される。より多くの子ども達に金銭の心配なく八丈小島に上陸体験してもらい、貴重な自然や歴史文化に触れ、地元を愛する豊かな心をよりいっそう育むことを目的として、渡航費用の一部を協会が負担し、自然っ子クラブとともに当事業を主催する。

②事業の概要 

・事業名 八丈小島自然体験事業

・実施日 平成30年7月22日

・場 所 八丈小島(鳥打地区)

・実施体制 八丈島自然っ子クラブと共催 

・内 容 

◎渡船により八丈小島(鳥打地区)に上陸し、歴史、文化、

 自然体験活動を行う。

◎船上観察(トビウオ等の生物や海流、小島の地形観察)

◎トレッキング(集落跡を抜け旧鳥打小中学校跡地に至る)

◎レクチャー(小島の歴史や当時の生活、ノヤギ駆除とその後の

 植生回復やクロアシアホウドリ繁殖地について)

◎海洋学習(磯での生物採集やシュノーケリング体験)

 

〈2〉八丈島JAZZフェスティバル事業

①事業の目的と効果 

八丈島の子どもたちの豊かな育ちのために、次の3点を目的に実施する。

第一に、音楽業界の第一線で活躍するプロミュージシャンを招き、「本物」に触れる機会をつくるとともに、島外の専門技術スタッフのサポートを受けて子どもたちが本格的なステージにたち、日常では味わうことない体験を通じて、豊かな心をはぐくむ。

     第二に、子どもたちが、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力を育てるために、実行委員会の中に「子ども運営委員会children Jazz Project」を配置する。大人や同世代の仲間とともに事業をやりとげた後の達成感や功績が認められた時の喜びは、子どもたちの自尊感情や自己肯定感を高めることにつながると考える。

第三に、子どもたちが多くの人と関わりを持つことによって、他者を思いやる豊かな心を養うことを目的として、地元の小中高生たちが学校の枠を超えて交流を深める機会とする。

 

②事業の概要 

・行事名 八丈島JAZZフェスティバル2018

・実施日 平成30年8月18日、19日

・場 所 八丈町多目的ホール「おじゃれ」

・実施体制 実行委員会

・内 容 

◎実行委員会と子ども運営委員会によるコンサートの企画・運営営     

◎子ども中心のステージとプロによるライブを2日間で行うう      

◎子どもたちのデザインによるグッズの作成(Tシャツ作成)   

◎子どもたちのデザインによる宣伝チラシ・ポスターの作成    

◎小中高校生および社会人による合同練習、合同演奏      

◎プロミュージシャンによるクリニックとライブ、プロと子どもたちとの共演

 

 

〈3〉八丈島島民大学講座事業

①事業の目的と効果

急速な技術革新、情報化、国際化、少子高齢化、環境問題の深刻化など変化の激しい時代に、生き甲斐や自分らしさの追求など、心豊かな生活を実現するために「もっと学びたい」と願う人々が集い、共に学ぶ地域に開かれた生涯学習の場を提供することを目的とする。

 

②事業の概要

・行事名 第75回八丈島民大学講座、第76回八丈島民大学講座

・実施日  平成30年9月初旬(75)、平成3123月中旬(76回)  

・場 所 七島信用組合ホール

・実施体制 運営委員会

・内 容 

◎首都大学東京の教授陣による「教養講座」2晩連続、各90分 (75回) 

◎運営委員会が選んだテーマと講師による「教養講座」2日間各90分(76回)

 

 

〈4〉八丈島芸能文化祭事業

①事業の目的と効果  

    八丈島には固有の文化及び流人などが伝えた文化が豊かに多く見られる。これらは古くから島人により何代にもわたり受け継がれてきた伝統がある。近年は伝承者がいないことや、若人を中心とした文化環境の変化で受け継がれにくくなっている。これらを掘り起こしながら、伝承文化振興の一助とすることを目的とする。また、 観光協会と連携をとって、観光客も楽しめるイベントとして告知し、八丈島の伝統芸能をアピールする機会とする。

②事業の概要

・行事名 第6回八丈島芸能文化祭

・実施日 平成30年11月17日

・場 所 八丈町多目的ホール「おじゃれ」

・実施体制 実行委員会

・内 容 

◎協会加盟団体による伝統芸能を中心とした演目を上演。

     

〈5〉八丈島文化フェスティバル事業 

①事業の目的と効果  

島内には多様なジャンルの文化活動を展開している団体・サークル・個人が多く存在する。これら島内文化団体等の発表の場として、地域住民に向けた舞台発表および作品展示の機会を設け、島内の文化的環境の向上に寄与することを目的とする。

 

②事業の概要

・行事名 第30回八丈島文化フェスティバル

・実施日 平成31210日(作品展部門29日~11日)

・場 所 八丈町多目的ホール「おじゃれ」、町民ギャラリー

・実施体制 運営委員会及び実行委員会

・内 容 

◎出演団体、出展者を公募し、舞台部門と作品展部門を実施

◎出演・出展者と実行委員が協力して、住民手作りの文化祭典

を作りあげる。

30回目の記念事業を実施

 

〈6〉子ども文化体験事業

①事業の目的と効果

子どもの権利条約の精神に基づき、芸術文化体験活動や表現活動、あそびや

自然体験活動を行い、子どもたちの心豊かな成長を育むための文化的環境の

向上に寄与するとともに、島の子どもたちが八丈で生まれ育ったことを誇り

に思う地域づくりに寄与することを目的とする。

②事業の概要

・事業名 八丈島子ども文化体験事業

・実施体制 特定非営利活動法人八丈島あそびと文化のNPOあびの実と共催

・実施日及び内容

  <舞台鑑賞事業>

    ・行事名 子ども招待公演 「The SHOW

    ・実施日 平成30106

    ・場 所  三根小学校体育館

    ・内 容  

       ◎to R mantion(東京都公認ヘブンアーティスト)による

        パフォーマンスステージの上演

       ◎文化に触れる機会の少ない島の子どもたちのために、優れ

た舞台芸術を本土から招聘し、ライブでしか味わえない感動

を届ける。

       一人でも多くの島の子どもたちに鑑賞できるように、

       高校生以下無料の「子ども招待公演」とする。

   <鑑賞およびあそび体験事業>

     ・行事名 子どもまつり「こまのたけちゃんのあそぶあそび!」

     ・実施日 平成30年5月

     ・場 所  三根小学校体育館

     ・内 容  

      「こまのたけちゃん」による、こま・けん玉・まりつき・べーごま・

      中国ごま等のパフォーマンスとワークショップによる昔遊び体験

    <あそび体験事業>

     ・行事名 ナイトハイク、島内散策、モノづくりワークショップなど

     ・実施日 平成306月~平成313

     ・内 容  

        島内散策などの体験活動を年3回程度実施する

 

 

.その他の事業

主催構成団体の一つとして、以下の事業を実施します。

 

〈1〉八丈島名流祭事業 

・行事名 芸能の祭典「八丈島名流祭」

・実施日 平成30年5月20

・場 所 八丈町多目的ホール「おじゃれ」

・実施体制 八丈島名流祭連携協議会に構成団体の一つとして参加

    構成団体 八丈町、(一社)八丈島観光協会、八丈島文化協会、

          東京新聞、(公財)東京観光財団

・内 容 

東京新聞主催で毎年秋に浅草公会堂で行われている「名流祭」を

八丈で開催

島外から各流派、会派の家元と弟子が来島し、新舞踊や大正琴を披露

檜流八丈檜会をはじめとする島内日本舞踊好者も出演